« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月24日 (水)

『解剖! 伝説の名演奏家 マリオ・デル・モナコ』 (ららら♪クラシック・NHK)

 名前だけ知っていたマリオ・デル・モナコ。20世紀に活躍したイタリア出身のテノール歌手。黄金のトランペットと呼ばれたらしい。
『アンドレア・シェニエ』と『道化師』の『衣裳をつけろ』の映像を観て初めて聴いた。ルックスはいいし、演技力も抜群そう。力強く輝かしい魅力的な歌声だった。生で聴いたら、どんなに素晴らしいかと思った。


Ozouni

2018年1月20日 (土)

『宝塚』 (ブラタモリ・NHK)

 宝塚は行ったことがないので、特徴のある町の地形を初めて見た。
 宝塚劇場は東京のより広々として素敵に見えた。
 そう言えば、友人が子供時代、親戚に宝塚女優がいて、両親や親戚と一緒に観に行っていたと話していた、その劇場。
 歌舞伎や新派劇もよく行ったらしいが、当時は子供も入場できたらしい。
「他の子供みたいに飽きて騒がないで、おとなしくしてたから連れてってくれた」
 なんて話していた。
 私が東京の宝塚劇場に行った時、男性客は1割ぐらいだった。やはり女性にとっての娯楽の殿堂ということだろうか。
 宝塚の公演より、やはりオペラのほうがいいナ。現在は気分的に慌ただしい事情があるので当分行けないけれど、落ち着いたら行きたいナ。
 久しぶりに見た番組だが、後半は少し退屈な感じ。

Kadomatu9


2018年1月17日 (水)

『羽生善治×井山裕太 前人未到の世界を語る』 (クローズアップ現代+・NHK)

 棋士のコメントを聞くと、自分の言葉で語っていること、的確な言葉を選ぶことによる内容で、感心させられる。
 スポーツ選手のコメントは、概してマニュアルどおりの内容が多い。
 芸術家のコメントは、ユニークな言葉が多い。
 身内でのお喋りではなく、公の席で語る言葉というのは、その人間性や知性や性格や経験が、にじみ出るものと思う。

Kadomatu3

2018年1月13日 (土)

『坂東玉三郎が愛した女 ~越路吹雪に魅せられて~』 (NHK)

 やはり坂東玉三郎は歌舞伎が一番。歌うのを初めて聴いたが、可もなく不可もなくといった感じ。
 演劇のマクベス夫人も、どうなのだろうか。ライブで観たら、それなりにいいかもしれないけれど。
 越路吹雪は、あまり聴いていないが、そう魅力を感じることもない。
 そう言えば、以前、カラオケ・バーやカラオケ・クラブで、越路吹雪の歌を歌うママが多かった。
『ろくでなし』を歌った熟年ママがいたが、わりと良かったと記憶している。

Kadomatu8

2018年1月 9日 (火)

『小池知事定例会見(1月5日)』(東京MAX)

 今年、最初の定例会見。
 グレー系の上着は少し地味な感じだったが、シックで似合っていた。
 この日の小池知事は、とても穏やかで落ち着いている雰囲気だった。まさに、経験豊富な大人の女性。この世に、怖いものなんて何もない、人生って、こういうもの、とでもいうふうに感じられた。
 その穏やかさと落ち着きは、年末年始、たっぷりと睡眠と休養を取ったためのようにも感じられた。
 本来の、アイデンテティを取り戻した感じ。
 私の主観だけれど。
 記者の質問にも、完璧な答え。合い間に、時々、笑顔が見られるのが、私は好き。
 少し、軽い咳払いしていた。風邪が完治してないのかもしれない。でも咳はしていなかったから、年末年始の睡眠と休養で、ほぼ治ったのだと思う。
 今年も小池知事を応援しようっと。
 
Kagamimoti5


2018年1月 5日 (金)

『ベートーベンの“英雄”』 (ららら♪クラシック・NHK)

 久しぶりに見たら、司会者が変わっていた。
 以前より少しはマシだが、もっと爽やかな司会者のほうがいいのにと思った。クラシック音楽は、興味があるが、あまり見る気になれない番組。もっと爽やか司会者に変わったら、見ようと思う。
 コンサートに着て行く服について、男性はスーツが良く、それは演奏家への敬意と期待、ということを知った。
 コンサートに着て行く時だけでなく、男性はやはりスーツ姿が一番セクシーである。どうでもいい男性はスーツでもセクシーではないけれど。
 スーツより、ネクタイは、さらにセクシーである。ネクタイは、セクシーの象徴。ノー・ネクタイ姿を見ると、去勢された男性、みたいに感じる。

Kagamimoti4

2018年1月 3日 (水)

『オークランド(ニュージーランド)』 ( 世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 港町オークランドの街の様子。
 開拓時代の移民や、先住民族の血を引く人たち。
 洗練された街の光景とは違って、自然が多く、飾らない街。
 開拓時代に祖母が持ち込んだというバラの手入れをしていた女性の姿が印象的。
 よくある人工的なバラ園ではなく、自然の香り、野生の香りのする光景だった。


Kadomatu2

2018年1月 1日 (月)

新年のご挨拶

Sono2018_4

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ