« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

『東京都議会定例会が開会……都議に問う小池都政』 (プライムニュース・9月28日・BSフジ)

 都議会定例会をテレビで見たのは初めてだった。
 各会派の幹事長が出演。当たり障りのないことをもっともらしく政治家ふうにコメントしている都議ばかりに感じられたが、何故、自民・公明・民心・共産党の、主要会派だけなのか、大いに疑問。何故、少数会派の都議は出演させないのか、不思議。都議は都議である。主要会派という言葉がおかしいと思う。〈政治は数である〉とか聞いたことがあるけれど。
 都議会議員の中で、無所属(東京維新の会)の、やながせ裕文議員が一番好きなので、テレビになるべく出演して欲しい。ブログも読んだが、考え方がとてもいい。テレビ局は、もっと、無所属(東京維新の会)の、やながせ裕文議員を出演させて発言させて欲しい。無所属だって一議員の一パワー。やながせ裕文議員には政治家に必要な男らしさと情熱を感じる。テレビで数回しか見たことないけれど、もっといろいろなコメントや議論を聞きたいと思う。


Tea

2016年9月29日 (木)

『“豊洲問題”の深層に迫る 緊急出演 小池都知事』(クローズアップ現代+9月27日・NHK)

 小池都知事の信念や意気込みが伝わってきて、とても良かった。
 NHKのアナウンサーと記者の質問が、台本を読んでるみたいで、つまらなかった。同じように台本があっても民放の番組のほうが面白い。
「ニュースや報道番組はNHKがいい、中立で客観的だから、民放は視聴者を洗脳したり、偏向報道する」と言った友人がいるが、私にとってはテレビは面白くなくては、楽しめなくては、見る意味がない。もちろん真実を知ることが基本だけれど。


Syanpan

2016年9月28日 (水)

『橋下×羽鳥の新番組』(9月26日・テレビ朝日)

 豊洲問題と、都議会の裏側の話。
 先週より面白かった。
 都議会の議長の交際費が年間1千万円と知って驚愕!! 何に、必要? 都民の血税!!


Kabocha


『東京都議会中継』 (9月28日 東京MX)

 小池都知事の所信表明、とても素晴らしかった。秘書や役人が作成した原稿ではなく、自分で書いた原稿、何度も推敲した原稿に感じられた。
 日本の政治家は、何故か、声と滑舌の良くない人が多いが、小池知事は声も滑舌も、とてもきれいで、品格が感じられるところがいい。
 今日のワイン・レッドのジャケット、とてもよく似合っていた。ヘア・スタイルは、もう少しナチュラルな感じが良かったけれど。

Hetima

2016年9月26日 (月)

『新報道2001』(9月25日・フジテレビ)

 都立広尾病院移転問題を取り上げていた。豊洲移転と同じように、現場で働く人たちの意見は無視され、移転ありきのプロセスを経た結果の、決定。
 みずほ何とか案の、敷地内の付随施設を解体して、そこに病院建設して、古い病院を解体して付随施設を建設すればいいのにと思った。
 移転反対を主張した院長は、誰の命令でか異動になって閑職の様子。
 豊洲移転問題のように、小池都知事はこちらもじっくりと精査や検証してくれると思った。
 税金ジャブジャブ使い放題の人間や、税金の一部を私財の蓄えにしてしまう人間は、きっときっと間違いなく神様の罰が当たって、いずれ病院のベッドで延々と治療を受けながら心身共に苦しみ続ける日々が待っていると、私は信じている。


Terubouz

2016年9月23日 (金)

『深層NEWS』 (BS日テレ)

 元東京都副知事と、土壌汚染対策の元技術会議委員と、元日本弁護士連合会長の3人が出演。豊洲市場の問題を、かなり掘り下げて語っていて興味深かった。


Hozuki


2016年9月18日 (日)

『石破茂氏語る「ポスト安倍」』(週刊報道 LIFE・BS-TBS)2016年9月18日

 強きの性格で、理論家だが勇気と実行力があると感じられ、次期総理として期待できる人と思った。


Umi

2016年9月15日 (木)

『橋下×羽鳥の新番組』(テレビ朝日)

 サブタイトルが、『石破茂議員に聞きたいことSP』。
 主に国防の話だったが、比較的わかりやすく、興味深く聞いた。
 石破茂議員のコメントは、以前、他のトーク・バラエティで見たことがあるが、その時より面白い発言ばかりだった。時々、クスクス笑えるほど面白かった。
 総理を目指しているらしいが、いいかもしれないと思った。
 現総理は、もう飽きたから、石破茂議員に交替して欲しい。
 政治オンチ気味の私には、誰かが口にしていた「現総理が絶好調」という言葉は、理解できない。何故、絶好調、という表現を使えるのか、誰か説明して欲しい。
 任期延長はしないで、現総理は健康不安もなくはないらしいし、他の人間にその座を譲るほうが潔いし、いいのではないかと思う。長期政権は良くないのでは? 現総理より、石破茂議員が総理のほうが、頼もしいような気がする。
 何より、私は、
 ――現総理に飽きちゃった――
 のである。


Terubozu2


2016年9月14日 (水)

『新報道2001』(9月11日・フジテレビ)

 豊洲新市場の土壌汚染対策のテーマは興味深く見たが、新市場の汚染対策説明シーンで、何かオドロオドロシイBGMが流れたことに、ビックリ!!
 BGMは不要。そんなところに、フジテレビのセンスのなさを感じてしまう。
 とは言え、この番組は他の番組にない切り口や深い掘り下げや独自の取材や情報把握が多く、フジテレビの番組の中で一番評価している番組、見たくなる番組だけれど。


Nasu_tomato

2016年9月10日 (土)

『ニッポンの味をひっさげ世界で勝負するスゴ腕妻SP!』(世界の日本人妻は見た!・TBS)

 タイトルどおり、本当に〈スゴ腕妻〉という言葉がピッタリの日本人妻女性と思った。
 海外で日本料理が広く知られることは、とてもいいことだと思った。


Tomato

2016年9月 6日 (火)

『橋下×羽鳥の新番組』(テレビ朝日)

 小池都政の話題が一番面白かった。

Yasi


2016年9月 5日 (月)

『マンチェスター(イギリス) 』(世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 マンチェスターという地名を聞くと、学生時代に聴いたイギリスの歌手が歌った『マンチェスターとリバプール』というポップ・ソングを思い出す。
 この歌の歌詞を、ずっと記憶していて今でも歌えるのは、当時、付き合っていた恋人が英語教師で、どこかの店で一緒に聴きながら、その歌詞を和訳して教えてくれたから、ということもあるかもしれない。和訳を聞いた時、えっ、そんな内容の歌なのと意外だったことを記憶している。
 ついでに思い出したこと、『悲しき天使 Those Were The Days』というポップ・ソングも、今でも英語で歌える。『マンチェスターとリバプール』も、『悲しき天使 Those Were The Days』もレコードをプレゼントで貰って、よく聴いた。特に、『悲しき天使 Those Were The Days』は好きな歌だった。
 この2曲を、ずっと以前、カラオケで歌ったことがあって、拍手喝采!! 感心されたり、褒められたり。私より少し年上世代の人たちだったが、皆、曲を知っていたので喜ばれた。
 曲目リストにあれば、また歌ってみたいナ。
 マンチェスターの街の映像はテレビで初めて見たような気がする。昔の工場や倉庫だったというレンガ造りの建物が印象的だった。


Utiwa3

2016年9月 3日 (土)

『都知事定例会見』 (TOKYO MX)

 毎週、録画して見ている。
 以前、2人前と3人前の知事の時は、たまに見ていた。
 前都知事の時は、批判され始めて以降、毎週見ていた。
 じっくりと見て興味深く楽しめるのは小池百合子都知事になってからである。
 今日は会見の内容も良かったけれど、小池都知事のファッションを見て楽しんだ。
 ホワイト・ベージュ系のシンプルなデザインの服だけれど、シックな感じで、よく似合っていた。
 オーダーメイドかナ、プレタポルテかナ、なんて考えながら見ていた。『銀座マギー』で以前見た服に似ていると思った。
 ともあれ、女性都知事は、ファッションも楽しめていい。特に、小池都知事は女性政治家の中で一番、センスがいい。
 けれど、この番組は、会見の途中で番組が終了してしまうから、いつもフラストレーションが残る。
『TOKYO MX』は、この番組が一番、有意義な番組なのだから、会見の最後まで放送して欲しい!!


Hanabi1


2016年9月 1日 (木)

『ハワイ2時間SP』 (世界の日本人妻は見た!・TBS)

 ハワイに住みたいから、ハワイで婚活が流行っているということが面白かった。いいことだと思う。
「ロミ」とは、揉むという意味らしい。取材していた店での「ロミロミ・スパ」、見てると、とっても痛そう。毎日行く人がいるほど、気持ちいいのだろうか。ちょっと信じられない。でも、慣れると、いい気分、いい気持ちなのかも。痛がりの私にはダメだけれど。


Utiwa2

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ