« 『ハワイで5つの会社を経営する美人社長の素顔に迫る!』 (世界の日本人妻は見た!・TBS) | トップページ | 『岡本太郎『太陽の塔』 人類は、進歩なんかしていない』 (美の巨人たち・テレビ東京) »

2016年7月 2日 (土)

『ヴィスコンティ VS フェリーニ』 (BS世界のドキュメンタリー・NHK BS)

 2014年フランス制作のドキュメンタリー。
 ルキノ・ヴィスコンティとフェデリコ・フェリーニは不仲だったのに、俳優や作曲家やスタジオを共有していたことを知って、驚き!
 イタリアの名作映画を創り出した2人のイタリア人監督。14歳年上のルキノ・ヴィスコンティより若いフェデリコ・フェリーニ。生まれや育ちが対照的、映画作品も別世界。長年、犬猿の仲と言われるほどの不仲でライバル。そして、晩年には和解。本物の和解でなく、周囲にそう見せたのではという気がしたが、病床のヴィスコンティはフェリーニからの見舞いの手紙を何度も読み返したらしいから、本物の和解と友情があったのだと思う。案外、長年、実は不仲を演技していたか、互いに潜在的には尊敬や好意を胸に秘めていたのかもと想像したくなる。互いに相手の才能を認め合っていて。
 フェデリコ・フェリーニの『甘い生活』は印象深いが、やはりルキノ・ヴィスコンティの映画のほうが好き。ほとんど全作品が好き。
 また、私が一番好きなイタリア女優クラウディア・カルディナーレのコメントが興味深かったけれど、無理もないとは言え、その加齢ぶりには、ちょっと驚き。ギリシャ悲劇を想わせる『熊座の淡き星影』(ルキノ・ヴィスコンティ監督・1965年)が最高に素晴らしい名作。現実のすべてを忘れさせられ、心身共に陶酔させられる世界と言える映画だった。


Umi13


« 『ハワイで5つの会社を経営する美人社長の素顔に迫る!』 (世界の日本人妻は見た!・TBS) | トップページ | 『岡本太郎『太陽の塔』 人類は、進歩なんかしていない』 (美の巨人たち・テレビ東京) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ