« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

『総合診療医 ドクターG「おなかが痛む」』 (NHK)

 この番組は飽きて最近は見ないが、タイトルが「おなかが痛む」なので、久しぶりに見た。
 腹痛にも、いろいろあるものだと思った。専門的な話はやはり退屈だった。
 現在の私は、年に多くて数回、年に1回もない時もある腹痛だが、今年は1回あった。頻繁に起きたら、病院へ行けばいいと思った。でも、もし胃カメラ検査と言われたら、絶対、断るつもり。カメラなんて絶対、飲み込めない。麻酔しても飲み込めない。バリウム検査なら、1度経験あるし、大丈夫だから、それにするつもり。
 でも、そんな日が来ませんように。
 でも、いつか、もしかしたら、そんな日が来るかもしれないと、覚悟しておかなくちゃ。

74


2014年6月28日 (土)

『徹子の部屋 ゲスト 片岡仁左衛門』 (テレビ朝日)

 肩の不調があっても出演したという話、若いころの苦労話、奥さんが小学校の同級生という話。片岡仁左衛門の微笑みは独特の美しさで、苦労を経験したことなどないような感じに、感心した。14歳の孫への舞台指導の時は、さすか厳しい表情の映像だった。

152

2014年6月26日 (木)

『ありのままで幸せ……楽園島に飛び出した妻SP』 (世界の日本人妻は見た!・TBS)

 社会主義国キューバの、小学校の朝礼の様子には驚き。
 セブの、1日で免許が取れた女性が父親の車を運転していた様子にも驚きだった。
 どちらも、日本と違った不便のある生活でも、可愛らしい子供たちとの一家は幸せそうで微笑ましかった。


110


2014年6月23日 (月)

『来たっ!人工知能が切り開くアカルイ未来』 (サキどり・NHK)

 人工知能を持つロボットや車や将棋ソフト。プロ棋士と将棋ソフトの対局の様子。将棋ソフトはどんどん強くなるらしい。弱点もあるらしいから、プロ棋士も研究して、どんどん強くなればいいと思った。

8


2014年6月19日 (木)

『あなたの飲酒 大丈夫?』 (クローズアップ現代・NHK)

 アルコール依存症の人と予備軍合わせて1千万人近くいるらしい。でも、その人の人生である。愚かとか気の毒とか言えない。アルコールでなくても、何かの依存症や予備軍は多いと思う。生活に支障があったり健康を害したりするのが、依存症。その一歩手前の予備軍。
 生活に支障があったり健康を害したりしなくても、人間は何かに依存しなくては生きて行けない生き物かもしれない。弱い生き物だから依存するのか。生きて行くのに必要不可欠だから依存するのか。
 ネット依存症、SNS依存症、薬物依存症、セックス依存症、ニコチン依存症、買い物依存症、ゲーム依存症、男性依存症、女性依存症、健康診断依存症、電話依存症、メール依存症、スマホ依存症、妻依存症、夫依存症、etc.。
 タイトルの「依存症」という文字が気になって、この番組を見た私も何かの依存症かも――。

19

2014年6月11日 (水)

『波瀾万丈の妻たちSP ~楽園ハワイ&神秘ネパール~ (世界の日本人妻は見た!・TBS)

 ハワイの日本人妻一家と、ネパールの日本人妻一家。どちらも愛があって幸せそうだった。
 ネパールは電力制限や、バスに乗って途中で降ろされるなど大変だが、いずれは改善されると思った。

153


2014年6月 9日 (月)

『ヤバイ! 目の疲れ頭痛 まとめて劇的改善DX』 (ためしてガッテン・NHK)

 タイトルを見て、驚愕、愕然、呆然となった。ヤバイ、という言葉。こんなタイトルをつけた制作スタッフは、現代ふうとでも思っている、いや、カン違いしているのだろうか。この番組は10代から20代の若い視聴者向け番組なのだろうか。若い人たちが見る番組とは思えない。30代以降の視聴者に見て欲しくないとか、見られたら困る番組なのだろうか。
 少なくとも私の周囲にいる30代以上の人たちで、ヤバイ、という言葉を口にする人は1人もいない。私のいない所で言っているかどうか知らないけれど。
 発注の制作会社が作ったにしても、NHKの稚拙さ、堕落、俗悪さ、センスのなさ、知性のなさ、常識のなさ、言語感覚のなさ、無能さ……etc.――が、よく表れている、象徴されているタイトルである。バラエティだから軽い言葉をつけたい意図はわかる。軽い言葉は、山ほどある。
 私は目が疲れるほど読書しない。目が疲れるほどテレビを見ない。目が疲れるほどゲームもしない。頭痛は経験したことがない。
 そう言えば――。
 頭の良い人ほど頭痛が起こる傾向にあると、昔、週刊誌か何かで読んだことがある。じゃ、私は頭が悪いってわけねと、ふくれそうになったが、確かに、頭が良いとは言えないと自覚しているし、頭が悪いから頭痛と無縁なのかもと納得した。結構、長く生きて来たから、今後、急に頭が良くなることはあり得ないので、生涯、頭痛と無縁でいられるかもしれない。良かった~。
 番組は、隠れ斜視を取り上げていて、片目ずつチェックしたが、もちろん隠れ斜視ではなかった。良かった~。
 タイトルは最悪だけれど、見終えて安心したから、録画&視聴する意味はあった。DXって何のことかネット検索しても不明だけれど。頭の良い頭痛の起こる人は知ってるかもしれないけれど。

41

2014年6月 8日 (日)

『恐山 死者たちの場所』 (ドキュメント72時間・NHK)

 青森県の恐山。学生時代に旅行で行ったことがある。イタコの口寄せというのは、体験していないが、半信半疑だったけれど。
 水子供養していた、糖尿病で子供を産めなかった40歳女性には同情するが、何故、あのような肥満体型を何とかしないのかしらと不思議だった。幼い子供を連れていたが、ダイエットしていれば、40歳という年齢で糖尿病にもならず、子供も産めたのに。女性って、何て多様な生き方があるのだろうと、つくづく思った。

146

2014年6月 7日 (土)

『LIFE!~人生に捧げるコント~「シリーズ2 #9」 (NHK)

 コントだけ見て楽しんだが、ワン・パターンな感じで、やや飽きた。

1240

2014年6月 6日 (金)

『時の過ぎゆくまま』 (音楽のある風景・BS日テレ)

 就寝前に、スマホ・ゲームをしながら聴いたが、ナレーションが良くなかった。

122

2014年6月 4日 (水)

『これが私の原点 ~チャイコフスキーのバイオリン協奏曲~』 (ららら♪クラシック・NHK)


 チャイコフスキーが同性愛者と初めて知った。ネット記事でいろいろなエピソードを読んでみた。

14

2014年6月 2日 (月)

『5日でメガネいらずに!? 新・視力回復法の正体』 (ためしてガッテン・NHK)

 近視なので、興味深かった。毎晩、入浴の時に目のストレッチをしているから、ドライアイになったことはないし、目のトラブルも今のところはない。身体の中で、目は一番大事だと思う。

150

2014年6月 1日 (日)

『時代劇をいろどる殺陣』 (ディープピープル・NHK)

 殺陣というのは格好いい。むずかしそう。以前、パーティで殺陣師の人と会ったことがある。どんなことを話したか忘れたが、名刺交換し、ツー・ショット写真を撮られたことを思い出した。

130


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ