« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

『今読者はどこに? 2014編集者の挑戦』 (新世代が解く! ニッポンのジレンマ・NHK)

興味深いトークだった。



Poinsetia9

2014年2月24日 (月)

『熱戦中継じゃわからない…これがホントのロシア暮らし』 (世界の日本人妻は見た! ・TBS)

 昔と違って現代のロシア人が、ブランド品や車や家などを借りて見栄を張るところが面白かった。



Yuki71


2014年2月23日 (日)

『世界は歌う世界は踊る 遥かなるアルゼンチンタンゴ 魅惑の世界』 (HVスペシャル・NHK BS)

 アルゼンチンタンゴを好きだという友人を思い出した。連想癖のある私。踊っている男女の姿を見ながら、互いの両脚を交差させたり、からませたりするところがセックスを連想させるから好きなのに違いないと想像。それだけではなく男性の格好のいい男っぽい踊り方も魅力なのかもとは思うけれど。映像を見ながら、男性ダンサーに友人を重ねて見ていたら、惹かれる理由が納得できた。
 私は、官能を表現しているというアルゼンチンタンゴに、何故か、あまり惹かれない。踊りの表現がダイレクト過ぎて、想像力をあまり刺激されないからかもしれない。
 それに較べて、同じように官能的な踊りで男女の燃えるような恋や悲恋や宿命などを表現するフラメンコとベリーダンスのメロディと踊りには魅力を感じるけれど──。



Wabisuke

2014年2月21日 (金)

『ダヴィッド「ナポレオンの戴冠式」』 (世界の名画 パリ・セーヌ川 歴史をめぐる旅・BS朝日)

 画家ダヴィッドのドキュメンタリーを、以前、見たが、また楽しめた。



Yama301

2014年2月18日 (火)

『今すぐ達筆になれる!大人の美文字特集』 (L4YOU)

 専門家のアドバイス、参考になった。 
 字は人なり。文は人なり。



Ume

2014年2月17日 (月)

『世界の果てまでイッてQ!』 (日テレ)

 デヴィ夫人が空中ブランコに乗るシーン、面白かった。ポール・ダンスをしているらしいから、身体がしなやかに見えた。



Yama17

2014年2月16日 (日)

『これでOK! アナタを変える女神の法則』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 さすが専門家のアドバイスと感心した。参考になった。



Ume3

2014年2月15日 (土)

『コンピューターに将棋で負けた棋士のリベンジ! WILL~それでも僕は走り続ける~』 (テレビ東京)

 将棋電王戦で、プロ棋士とコンピューターの対戦のドキュメンタリー。2度目に挑戦して勝った船江恒平五段のインタビューで、負けると他のプロ棋士たちに申し訳ないという心理など語っていて、興味深かった。 
 ところで、私が応援している阿久津主税八段。七段から昇段! 順位戦でB級1組からA級に昇級! おめでとう!! トップ棋士10人で戦って、大きなタイトルや名人戦に挑戦し、獲得して欲しい!



Yuki12

2014年2月13日 (木)

『見つめて触れて語りかけて ~認知症ケア“ユマニチュード”~ (クローズアップ現代・NHK)

 ユマニチュードというケア方法を初めて知ったが、いい方法だと思った。施設にいる母のことを思い出した。
 全国の認知症高齢者に接するスタッフたちに、ユマニチュードというケア方法を広めて、実践して欲しいと思った。



Poinsettia4

2014年2月11日 (火)

『私が愛したJFK ジャクリーン、ホワイトハウスの日々』 (世界ふしぎ発見・TBS)

 大統領候補者2人の、初のテレビ討論会。白黒テレビで、ニクソンはグレーのスーツ、ジャクリーンがケネディに濃紺のスーツを選び、映りが良く行動力のある候補者のイメージを視聴者に与えたのは、賢明だったと感心した。



Yuki23

2014年2月 9日 (日)

『徹子の部屋 ゲスト・吉永みち子』

 興味深いトークだった。吉永みち子さんが、家族に恵まれず、家族の形を求め続け、家族との確執があったことを知って驚いた。普通とは違う形の、結婚と、離婚で、さまざまな苦悩があり、賢明な生き方を選択したように思えて、さすが、あの吉永みち子さんと感心した。
 昔、夕刊紙の編集者との打ち合わせの後に行った銀座のクラブで、吉永みち子さんを紹介され、その夕刊紙の他の部署の編集者や局長なども一緒に、6人ぐらいで同席した時、隣席になって、いろいろお喋りした。竹を割ったような、さっぱりした男性的な性格に感じられた。人生に怖いものなどないというふうな、女性の強さも感じられた。私の小さな手の倍ぐらいに見えるほどの、大きな手をしていて、吉永みち子さんが私の手と並べて比べながら、「可愛い手ねえ。私の手って、男の手みたいでしょ」と笑っていたことを思い出す。手だけではなく、私と違って、吉永みち子さんは、強い女性、男性に依存しない、芯から自立した女性、何があっても強く生きて行ける女性という印象がある。



Ume2

2014年2月 8日 (土)

『3ヵ月で人生リセット! たかの友梨直伝 奇跡のダイエット』 (テレビ東京)

 たかの友梨のエステ店の宣伝番組、のようなものだが、奇跡のダイエット、というキャッチはオーバーだと思った。ダイエットに奇跡など、ない。ダイエットは、意識と努力。
 また、エステの他に、食事と運動のプログラムとなっていたが、そのエステはなくても、食事と運動だけでもダイエットは実現する。
 以前、私がエステに通った時、『フェイスとボディのトリートメント・コース』を選んだ。エステティシャンによるリンパ・マッサージで、ダイエット効果もあったかもしれないけれど。後年のダイエットでは、ひたすら運動(有酸素運動)によって、標準体重が実現した。
 エステは、ダイエット効果を目的とするより、エステティシャンによる巧みな手のマッサージやサウナで心地良いひとときを過ごす趣味みたいなもの、と考えるほうがいいような気がする。ただし、お金のかかる、ちょっぴり贅沢な趣味。この番組を見て、またエステに行きたくなった。ただし、サウナは熱かったから、サウナなしのエステ。



Yuki1

2014年2月 6日 (木)

『新宿 巨大旅行カウンター』 (ドキュメント72時間・NHK)

 以前、行ったことのある旅行代理店。また行きたい。ヨーロッパ旅行の夢がふくらんだ。



Umi34

2014年2月 3日 (月)

『今夜は特別版!!私はこうして日本人妻になったSP』 (世界の日本人妻は見た!・TBS)

 面白かった。いつものように楽しめた。



Ume8

2014年2月 2日 (日)

『検証! 食品表示の偽装』 (ガイアの夜明け・BSジャパン)

 安全で、美味しければ、許容範囲ということもあるかもしれないと思った。ただ、番組で、食材仕入れの時に、産地証明書を、調理担当者が受け取る場面があったが、調理のプロなら産地証明書を見なくても、本物か偽物か、国産か輸入か、見た目でわかると思うのにと不思議だった。わかっていた上で、客観的証明として産地証明書を受け取って保存しておくことが必要ということだろうか。
 私の経験としては、たとえばパスタ料理に入っている海産物など、見た目はわからなくても食べてみて、これって国産じゃなく輸入物とわかる時がある。一部の食材まで国産と表示してないのだから偽装とは言えないし、正確な名前も知らないので、それは納得の上で食べることになるのが一般的だと思う。
 高級ホテルのレストランでは代金が高いから、表示と違う偽物で味が落ちていたら、というより、客が本物の味を知らなくて気づかないとしても、それは確かに偽装であり、その浮いたコスト分はホテルの利益だから詐欺みたいなものかもしれないと思う。



Takenoko

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ