« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

『なりたい!知りたい!人気お仕事ランキング6』 (日曜ビッグバラエティ・テレビ東京)

 自衛隊ナースという仕事があるのを初めて知った。特訓、規則、ストイックな生活ぶりなど興味深かった。



Momo4

2013年7月30日 (火)

『ハンガリー狂詩曲 第2番』 (名曲アルバム・NHK)

 リストの故郷への愛がこめられたという曲を映像とともに楽しんだ。



Maturi9

2013年7月29日 (月)

『達人達「福永祐一×渡辺明」』 (SWITCHインタビュー・NHK)

 騎手と棋士のインタビュー対談。新鮮で面白い番組だった。
 騎手のトークを初めて聞いた。競馬ファンの知人に誘われて、府中にある東京競馬場へ1度行ったことがあるが、騎手については、あまりよく知らなかった。
 棋士の渡辺明は29歳にしては、ずいぶん思慮深くて落ち着いている人のように感じられた。



Enzelfish

2013年7月28日 (日)

『プレミアムトーク・市川海老蔵』 (あさイチ・NHK)

 歌舞伎俳優としての情熱が伝わってきた。



Hasi14


2013年7月27日 (土)

『まだ間に合う! “ながら”エクササイズで夏ボディ』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 浴室でキッチンでリビングで洗面所で、習慣になっていて毎日欠かさない〈ながらエクササイズ〉と、〈ながらストレッチ〉。番組で紹介している程度では、ちょっぴり、もの足りない感じがした。



Himawari4 


2013年7月25日 (木)

『熱狂カーニバルを勝ち抜け! ~コシノジュンコ ブラジル~』 (NHK BS)

 さすが著名なファッション・デザイナーと感心した。



Yama6



 

2013年7月24日 (水)

『崩れない!テカらない!夏のメーク』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 汗で化粧崩れしてしてしまう夏。参考になった。



Suika1

2013年7月23日 (火)

『目指せ ゆかた上級者!』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 浴衣は、〈タンスの肥やし〉、〈宝の持ち腐れ〉になってしまった。(高価ではないが心のこもった貴重な、という意味で。)
 この番組を見ていたら、久しぶりに着てみたくなった。



Momo3

2013年7月21日 (日)

『歌劇「はかなき人生」から間奏曲とスペイン舞曲』 (名曲アルバム・NHK)

 初めて聴いた曲。グラナダの映像、フラメンコの踊りを見ながら聴いて楽しんだ。
『名曲アルバム』は、好きな番組。いい番組と、つくづく思う。



Himawari5

2013年7月20日 (土)

『これで安心! 夏のスキンケア』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 夏は、発汗やエアコンで肌が乾燥するから、洗顔後は乳液や美容液をつけるというのは、昔から言われていることで、あまり最新情報は得られなかった。番組制作スタッフも美容家も猛暑バテかもしれないと思った。



Eki3

2013年7月18日 (木)

『潜入“違法ハウス” ~住宅弱者をどう支えるか~』 (クローズアップ現代・NHK)

 この番組にはショックを受けたし、憤りを感じた。
 行政はこういう問題を早く解決して住宅弱者などという言葉を使わないようにして欲しいと思った。
 テレビで取材した、マンションの清掃の仕事をしている男性が、千代田区役所に、住んでいる違法ハウスがなくなるので相談に行ったら、何と、職員は、仕事をやめて無職になって生活保護を受けることをすすめた!! 生活保護を受ければ住宅の問題が解決すると言う!! ええっ、と驚愕の声をあげるほど、私は愕然となった。病気も怪我もなく仕事の意欲も能力もある男性に、生活保護を受けるため無職になれと言っていたのだ!! それで住宅を確保できると。ジョークなのかと思った。
 取材された男性は50代ぐらいだろうか。体格はいいし、働き盛りに見える。その男性は、千代田区職員の生活保護のすすめを、断った!! 「仕事をやめたくない」と言って。「自分の食い扶持は自分で稼ぎたい」と言って。私は、その男性が、何とか家賃の安い住宅を見つけられることを祈りたかったし、きっと見つけられると思った。
 テレビで時々あるらしい〈ヤラセ〉とか〈偽物〉ではないと思えるその千代田区職員は、全くの無能で、不親切で、冷たくて、職務怠慢な税金泥棒である!! ──と、言いたくなる。
 一事が万事。そのことだけではなく、きっと、すべての仕事で、税金を無駄に使うことが身に染みついていて、ふだんからそういう仕事ぶりなのだと思う。千代田区職員だけではないかもしれない。消費税を上げなくても日本はやって行けるはずという記事を読んだことがあるけれど、他人から集めた税金をジャブジャブと使い分ける人間たちが、税金の無駄使いをしなければ、そのとおりで、消費税を上げなくても日本はやって行けるのではないかと思った。
 最近は生活保護の見直しとか厳しくなったとかいう記事も読むけれど、結局、それを決める職員たちは、〈他人から集めた税金の安易な使い方〉が習性になっているのだと思う。テレビで取材されたあの千代田区の税金泥棒職員は、あの無能で不親切で冷たくて怠慢な対応を反省して、今後3年間、給料とボーナスを半額カットして欲しい!! angry angry angry



Cut

2013年7月17日 (水)

『俺たち脱獄ドリームチーム』 (実録世界のミステリー・テレビ東京)

 まるで映画のストーリーのような脱獄作戦。成功しかけたのもアメリカならではという印象だった。



Kawa25

2013年7月16日 (火)

『プレミアムトーク 藤井フミヤ』 (あさイチ・NHK)

 当たりさわりのないおしゃべりという感じで、あまり面白いトークではなかった。チェッカーズ時代のフミヤのほうが個性的で良かった。



Kingyo8

2013年7月15日 (月)

『かかりつけ医 ~家族の健康を守る身近な対策~』 (鳥越俊太郎 医療の現場! ・BS朝日)

 かかりつけ医、私には、いない。
 いつか、かかりつけ医がいるとしたら──。〈医は仁術〉に感じられて、と~ってもやさしくて、データ重視や最新情報より診察体験が豊富で、思いやりがあって、比較的健康で(大半の医師はストレスが溜まる職業病のためか仕事に支障ない程度の持病があるように見えるので、比較的健康と言える程度でいい。)、言うまでもなく医療の知識が豊富で、人間味にあふれていて、スタイルが良くて(自己管理ができるという意味で。)、雰囲気も良くて(合性の問題。)、あまり若くなくて(中年以上。)、スマートな魅力の漂うイケメン(個人的な好み。)──の医師がいいナ。それなら体調不良も病気もすぐ治ると思う。



Hotaru11

2013年7月13日 (土)

『世界の日本人妻は見た!』 (TBS)

 フランス人と結婚した女性の南仏ニースでの生活は楽しそうだけれど……。
 脱毛ワックスは痛そうだった。腕や脚を脱毛しなければならない体質の女性は大変だと同情した。私は脇の下以外の脱毛は不要で経験がない。幸運な体質。
 フランス料理作りの苦労が伝わってきた。比較的若い年齢にしては贅肉付きふくよか体型が気になったが、こってりしたフランス料理ばかり食べていたら無理もないことかもしれない。フランス人の義妹はスタイルが良かったけれど。
 やはり体型はその人の生き方が表れるもの、ということを、あらためて感じた。



Sika2

2013年7月11日 (木)

『あなたの夢がかなう ~広がるクラウドファンディング~』 (特報首都圏・NHK)

 銀行から借りられない企業が、個人に資金提供を求めるシステムのクラウドファンディングについて初めて知った。ネットで調べて、その企業を応援したい個人が、大金ではなくても資金を提供。新製品を貰ったり、配当も貰えるらしい。ネット・ユーザーは多いし、そんな個人が多ければ、企業も活性化して景気も良くなるのではないかと思った。



Kingyo3

2013年7月 9日 (火)

『ご飯がすすむ きゅうりのおかず』 (きょうの料理・NHK)

 夏はキュウリが美味しい。毎日のように、最低1本は食べる。ぬか漬けや、卵と千切りショウガと炒めたり、スライスして塩を振り、軽く揉んで味ぽんをかけるだけ。たまにワカメとの酢の物。番組で紹介していたピリ辛料理、簡単に作れて美味しそう。



Dozou2

2013年7月 8日 (月)

『夏! 炭酸パワーの真実 都市伝説を一挙解明!』 (ためしてガッテン・NHK)

 夏は、冷えた炭酸飲料が美味しい。スーパーや自販機で買う時に砂糖成分のことがチラッとかすめるけれど、美味しいのだから飲んでしまう。この番組を見て、炭酸の効果を知った。



Soda

2013年7月 7日 (日)

『腰痛2800万人時代 ~変わる“常識”~』 (クローズアップ現代・NHK)

 腰痛の経験はないが、肉親の何人かは腰痛があるし、明日は我が身という言葉もあるから楽観はできないものの、生涯、未経験かもという気がする。もし、腰痛になったら、自分で治す自信がある。運動とストレッチで。慢性治療とか聞く整形外科には行きたくないと思う。
  病気の原因がストレスであるように、腰痛の原因もストレスではないかと思う。自覚無自覚のストレスは誰でもあるに違いないが、この番組を見て、腰痛がないことは幸せなことと感じた。
 でも、寝違いの経験はある。寝違いは、〈忘れたころにやってくる〉。先週、右腕の寝違いをした。前回の寝違いは2009年12月だから、3年半ぶり。その時は治るまで3日かかったが、今回は冷湿布を貼ったら半日で治った。寝違いも、ストレスが原因かもしれないと思った。




Ie35 

2013年7月 6日 (土)

『数字のカラクリ・データの真実 ~統計学ブームの秘密~』 (クローズアップ現代・NHK)

 よく見る、データ何%の数字のカラクリの事実を知って面白かった。心筋梗塞になった人のその日の食べ物で95%(?)が、お米、という結果の数字、心筋梗塞にならなかった人のその日の食べ物で95%(?)が、お米、という結果の数字だなんて笑ってしまった。以前見ていた健康番組などでもよく出てくる、何%の数字、本当かしらと、いつも疑っていたが、そのとおりだった! 猜疑心が強い性格だからかもと思ったりしたけれど。データ何%の数字の言葉は医師の口から必ず出てくる。そう言えば、西洋医学はデータの学問とか読んだことがある。そこが、東洋医学との違い。だから西洋医学は信用できないと思った。
 ともあれ、データの数字は、それを見て驚いたり信じたりする人たちを、いとも簡単に騙して欺く虚しい数字、と言えるような気がした。すべてがということではないかもしれないけれど──。



Unagi2

2013年7月 4日 (木)

『スタイリストが教える!おしゃれ着やせ術』 (NHK)

 少し参考になったが、出演のスタイリスト女性の表情が不自然過ぎるのが気になった。テレビ・カメラ慣れしていないせいかもしれないけれど。



Ie8

2013年7月 3日 (水)

『法医学教室の事件ファイル』 (テレビ朝日)

 シリーズ・ドラマ。約2時間の番組。主人公は医大の法医学教室の女性助教授で監察医、夫が横浜東署刑事課の警部、というキャラクターが面白いし、1人息子も可愛らしい。キャストもいい。ストーリーはサスペンスで、それなりの面白さ。ユーモラスなシーンがクスッと笑えて楽しい。



Kani30

2013年7月 1日 (月)

『堺でございます 佐久間良子(前篇)』 (BSフジ)

〈超〉がいくつも付く美貌の女優、佐久間良子のトーク番組を期待したが、この程度なのという感じだった。後半でピアノ伴奏のアレンジのオペラ『椿姫』のアリアやその他の歌があまり良くなかった。30分番組にしては内容が浅く、10分か15分番組のような感じ。司会の堺正章のジョークも悪くはないし、ゲストもいいのに、トーク番組までセンスの悪いフジテレビ、という印象。
 以前、テレビ朝日の『徹子の部屋』での佐久間良子のトーク番組は充実していて新鮮で面白かったと思い出す。その時より、後ろ姿や真横から見ると、やや贅肉付きふくよか体型が少し気になったが、それでもイメージを損なわない佐久間良子を見られて少しは楽しめたけれど。



Niji1

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ