« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

『元祖アイドル! あおい輝彦の素顔に迫る』 (L4YOU!・テレビ東京)

 若いころファンだったあおい輝彦を久しぶりに見た。時代劇のテレビ・ドラマは見なかったが、デビュー当時から俳優としては木下恵介劇場の現代ドラマや、映画も何本か見た。もう、最高に素晴らしくて胸がときめいたことを思い出した。言ってみれば、私の〈王子様〉だった。


Bara7



 

2013年3月30日 (土)

『バルトルディ「自由の女神像」』 (美の巨人たち・テレビ東京)

 自由の女神像が造られるまでのエピソードが面白かった。


Mitubati



2013年3月29日 (金)

『夏盛る ~吉澤医師のがん往診日記~』 (NHK)

 こういう番組は苦手であまり見ないが、珍しく見たら、ショックを受けた。ガンになったら、あんなに頻繁に検査しなくてはいけないなんて。検査ストレスで病気が悪化してしまうのではないかと思った。仕方ないことかもしれないけれど。
 新聞サイトの【わたしの医見】という一般の患者や家族の体験コメントを、時々、まとめ読みすると、医師の免許を持つ〈偽医者〉と言いたくなるような医師が多い中で、この番組で取材した吉澤医師は、本物の医師、医師以上の医師、神のような医師と感じられた。現代の大半の医師が持ち合わせないらしい〈医は仁術〉という言葉を思い起こさせられるような、理想論ではなく現実を見つめる医師としての、深い思考のまなざしと、真摯なまなざしと、やさしいまなざしが、とても印象的だった。一見、肥満体型で、持病か未病が心配になってしまうが、今後もずっと元気で多くの患者を心身共に救ってあげて欲しいと思った。吉澤医師のような医師に心身を救われる患者は幸運だと思った。
 また、医師が患者の死に立ち会う時、どんな心境になるのか聞いてみたいと思った。患者である他人の死を見て、自分の死を想うことがあるだろうか。ないだろうか。死の概念が浮かぶだろうか。科学者はそんな繊細な感情とは無縁なものだろうか。たとえ大半の医師がそうだとしても、吉澤医師の胸のうちは違うかもと、何となく想像できるような気がした。


Haru_tera

2013年3月28日 (木)

『未来の大器 ミラノ音楽院編』  (題名のない音楽会・テレビ朝日)

 ミラノ音楽院で指導する歌手と、歌手の卵たちの様子を興味深く見た。


3kesiki29

2013年3月27日 (水)

『香港・さまよえる貧困高齢者たち』 (ドキュメンタリーWAVE・NHK BS)

 大陸と、経済力の逆転が起きている現在の香港の住宅事情など興味深かった。その影響を受ける貧困の高齢者たちは可哀想。
 香港へ旅行したのは20年以上も前。高層ビルが乱立して活気が感じられた。映画『慕情』(アメリカ・1955年)に出てくるビクトリア・ピークの山頂から百万ドルの夜景を眺めたことを思い出す。


Sakura10




2013年3月26日 (火)

『歌舞伎「黒塚」』(にっぽんの芸能花鳥風月堂 第70話・NHK)

 怖がりの学君が可愛かった。


Ankou


2013年3月25日 (月)

『細く! 若く! 着こなしワザ』 (団塊スタイル・NHK)

 洋服の処分で、専門家が、『服より自分を大事にすること』と言っていた。何年も着ないのに、高価な服だから捨てられないということは、その服を大事にしていて、その服を着ない自分を大事にしていないということになる、というような説明だった。その服を捨てることで、『服より自分を大事にすること』になると。さすがプロと感心した。『服より自分を大事にすること』。名言である! さっそく2つのクロゼットの中をいろいろ見たが、1度も着てない服や思い出の服は、なかなか捨てられない。


Chou5


2013年3月24日 (日)

『オペラの古典 -社会との深い関わり-』 (舞台芸術への招待 第2回・放送大学)

 初めて見たテレビ局の、初めて見た番組だが、大変興味深い話だった。ワーグナー以前の時代、フランスのオペラ座の、それぞれの座席の意味なども。


Ringo4

2013年3月23日 (土)

『“大人の発達障害” 個性を生かせる職場とは?』 (クローズアップ現代・NHK)

 発達障害の大人になってしまうのは、本人のせいではなく、社会のせいでもなく、親と家庭に問題があると思う。と言っても、よく言われる親の育て方、ではなくて、親の人生観、人生体験、性格、人間性に問題があるというか影響されて育つためではないかと思う。それは善し悪しの問題ではないけれど。


Ie141

2013年3月22日 (金)

『バナナのスゴ技7連発』 (ためしてガッテン・NHK)

 大好きなバナナは毎日一本。バナナ彫刻家がいるなんて驚きだった。


Toropikaru2


2013年3月21日 (木)

『情熱のスペイン・ポルトガル!スペシャル』 (世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 断片的な再放送だが、また楽しめた。


Budou_kaki



2013年3月20日 (水)

『春チェンジ 新しい私 見せます!』 (女神ビジュアルNHK BS)

 いろいろ参考になった。


Usagi6


2013年3月19日 (火)

『歌舞伎「伽羅先代萩」 』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂第69話・NHK)

 歌舞伎の子役は、とっても可愛らしい。傍にいたら抱き締めたくなるほど可愛い!


Choucho2


2013年3月18日 (月)

『ヨーロッパの街角』 (BS-TBS)

 ヨーロッパの美しい街の映像を楽しんだ。


Huyutori


2013年3月17日 (日)

『知らないと!こわい世界4』 (テレビ東京)

 市販薬だけでなく、医師の処方薬で失明したという『スティーブンス・ジョンソン症候群』が、一番怖いと思った。やはり、医食同源。健康維持には自然の食べ物が一番! 薬は怖いと、あらためて思った。毎日、美味しいリンゴと美味しいミカンを食べて、この冬も風邪をひかなかった。神様に感謝!! 


Ringo

2013年3月16日 (土)

『運命をわけた12秒の謎』 (実録世界のミステリー・テレビ東京)

 ミステリーとしては、少し、もの足りない内容だった。


Chou2



2013年3月15日 (金)

『徹底検証! 男性を魅了するモテ仕草』 (女神ビジュアル・NHK BS)

 相手の男性の、しぐさの真似をすると好かれるというのは、全然理解できない。一般的ではなく、人によると思う。たとえば相手の男性が、椅子の背にもたれて両腕を組み、両脚を開(ひら)いたら、女性も同じようにすると好感を持たれるという理論は、不思議であり、理解不能。
 初めて会った男性の前で、その男性のしぐさの真似をし、両脚を開いて椅子に座る女性の姿に魅了される男性が、本当にいるのだろうかと思うと噴き出したくなる。いるかもしれないけれど。感性と主観の相違かも。
 けれど、それが現代ふう恋愛もどき感情の、象徴かもしれない。男性と女性は違うからこそ素晴らしい。男性的なしぐさを眼にして、一瞬、うっとりすることが多いので、真似するどころではない。


Beer1


2013年3月14日 (木)

『パリ・モンマルトル』 (世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 憧れのパリへ、もう1度行きたいと思った。


Awhiteday

2013年3月13日 (水)

『歌舞伎「天守物語」』 (にっぽんの芸能花鳥風月堂 第68話・NHK)

 観てみたいと思った。


Chou1


2013年3月12日 (火)

『世界で輝く女SP』 (ドラクロワ・NHK)

 海外で暮らして生き甲斐を見つけるのは素晴らしいことだと思った。ふと連想したのは、対照的に、行動意欲のない女性たち。特に、うつ病と診断された人は病院で出された薬ばかり飲んでいないで、思いきって海外へ行って暮らしてみたらいいと思う。たとえ収入の少ない仕事、地味な仕事でもいいから、海外での生活に身を置くことで、必ず自分が変わり、人生が一変すると思う。日本で抗うつ剤を飲み続けていたら、無気力無意欲のまま自殺願望へのエスカレーターに乗ってしまうようなものである。そのような犠牲者たちに、海外生活をたとえ短くても体験することをすすめる医師はいないのだろうか。いるかもしれないけれど。たとえ1か月でも3か月でも海外で暮らしたら、帰国した時、間違いなく人生が変わっていると思う。そのまま長期間、海外での暮らしを選んで、おのずと生き甲斐を見つけられることになると思う。


Budo1


2013年3月11日 (月)

『ピアノの詩人ショパンのミステリー』 (NHK BS)

 興味深く見て楽しめた。


Gaitou


2013年3月10日 (日)

『市川海老蔵、父がくれた手紙に感動。最後に残した言葉とは……』 (おしゃれイズム・日テレビ)

 司会者のコメントがおかしくて笑ってしまう、面白いトーク番組だった。


Tori30



2013年3月 9日 (土)

『高田明 ハイテンション社長の売り方指南』第2回 (仕事学のすすめ・NHK)

 通販会社の個人情報漏れは、他の通販会社でもあるような気がする。


Beer3


2013年3月 8日 (金)

『ローマ スペイン広場から南へ』 (世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 もう1度行ってみたいローマの映像を楽しんだ。


Sukopp


2013年3月 7日 (木)

『高田明 ハイテンション社長の売り方指南』第1回 (仕事学のすすめ・NHK)

 テレビ通販CMで見たことが何度かあるが、高い声が地声と思ったら、ふだんは普通の穏やかな声と話し方で、驚いた。


Tukusi


2013年3月 6日 (水)

『カンヌ(フランス)』 (世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 行ってみたい南フランス。憧れの南仏の映像を楽しんだ。


Inaka6


2013年3月 5日 (火)

『まさかの理由で人は…女子大生を襲った悲劇』 (実録世界のミステリー・テレビ東京)

 スキー場で尻餅をついて若い女性が脳梗塞になったなんて驚きだった。
 身代金を要求する海賊が増えていることも驚きだった。


Umi02 


2013年3月 4日 (月)

『歌舞伎「鰯賣戀曳網」』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂 第67話・NHK)

 憧れの女性からバレンタインデーのチョコレートを貰った学君、うれしさに舞い上がっていたけれど、紙袋の中にメッセージが入っていて、「このチョコを、同僚の○○さんに渡してね」というのを見た結末は、面白かった。


Varentine


2013年3月 3日 (日)

『躊躇(ためらい)のマカオ』 (ザ・ノンフィクション・BSフジ)

 夢を実現させるために若い女性が海外で仕事をするということは、並大抵ではない努力と、勇気と、パワーが要る。とても素晴らしいことだと思った。あのような女性が、もっともっと増えればいいと思う。


Ohinasama2

2013年3月 2日 (土)

『狂言「棒縛」』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂 第66話・NHK)

 笑えて面白そうな狂言だと思った。


Sakura1



2013年3月 1日 (金)

『実録! これが世界のミステリー』 (テレビ朝日)

 まるでサスペンス映画の一部を観ているように、殺人ストーカーの再現ドラマが一番怖かった。


Photo


« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ