« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

『社会を変える“女性の起業”』 (クローズアップ現代・NHK)

 もっともっと女性の起業が増えるといいと思う。日本経済を良くするくらい。番組を見ながら、起業した女性たちに、頑張ってねと応援したくなった。1度や2度挫折してもメゲないで欲しいと思った。


Photo



 

2012年4月29日 (日)

『“食通”なんて信じない』 (美輪乃湯 その三・NHK)

銭湯『美輪乃湯』の番台に座った美輪明宏のコメントが聞ける番組。初めて見た。短いが、面白かった。


Photo


2012年4月28日 (土)

『歌舞伎「籠鶴瓶花街酔醒」』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂 第37話・NHK)

 サラリーマン1年生の学君、ちゃんと勤められるか心配。


Photo


2012年4月26日 (木)

『ニューカレドニア島ヌメア』 (世界ふれあい街歩き・NHK BS)

 ポリネシアン・ダンスはフラダンスに似ていた。島の先住民の生活が興味深かった。


Photo


2012年4月25日 (水)

『完全犯罪ミステリー 予習復習スペシャル』 (テレビ東京)

 予想以上に面白くて楽しめた。


Photo


2012年4月24日 (火)

『被害額100億円!? 女性を狙うサクラサイト詐欺』 (情報LIVE ただイマ!・NHK)

 サクラサイト詐欺という詐欺があることと、その名称を初めて知った。


Photo



2012年4月23日 (月)

『坂東玉三郎・歌舞伎役者』 (その時、私は・BSフジ)

 とても興味深いトークで、坂東玉三郎がいっそう好きになった。


Photo

2012年4月22日 (日)

『舌を見て100%危ない病気を見抜く法』 (ためしてガッテン・NHK)

 他人の口の中の映像が、あれほど気持ち悪いとは思わなかった。肌が泡立つほどゾゾッとした。慌てて眼をつむり、番組を見るのを中断しようかと思いながら、頻繁に目を閉じては、説明を聞いた。自分の舌は、鏡に映して平気で見られるのにと不思議だった。色は薄いピンクで正常だと思うが、番組で説明していた〈低位舌〉かもしれない。そう思いながら舌に意識を集中したら、唾液が少量ジワッと湧いてきた。
 自分のだけでなく肉親や友人の口の中なら平気で見られる。けれど、テレビの映像どころか直接、他人の口の中を見て診察する医師は、何て凄い人たちと驚愕し、敬服し、同情した。他人の口の中を見る歯科医師を含め、医師の仕事は大変である。他の職業より収入が多いのも無理ないことと納得した。


Photo

2012年4月21日 (土)

『源氏物語 第1回「光源氏のコンプレックス」』 (100分de名著・NHK)

 光源氏のコンプレックスについて知ることができて興味深かった。


Photo

2012年4月20日 (金)

『バージョンアップ ベースメイク』 (きれいの魔法・NHK)

 ベースメークを紹介してくれたメイクアップ・アーティスト女性が、以前に出演した時よりスリムになって、きれいに見えた。さすがプロの美容家と感心した。


Photo_2

2012年4月18日 (水)

『木嶋被告 100日裁判』 (NHKスペシャル・NHK)

 状況証拠を積み重ねた死刑判決。検察審査会の比ではない裁判員裁判の裁判員という重い重い役割。市民から選ばれた裁判員たちの心理的な負担や時間的な負担、そして精神的疲労感が想像された。


Photo



2012年4月16日 (月)

『歌舞伎「寿曽我対面」』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂 第36話・NHK)

 今回は、少し退屈な感じだった。


Photo


2012年4月15日 (日)

『お金を持たない生き方』 (BS世界のドキュメンタリー・NHK BS)

 2010年のイタリアとノルウェー制作のドキュメンタリー。
 元教師で、現在はセラピストの熟年女性が講演や著書で主張している、お金を持たない生き方は興味深かったが、何年も何十年も続くものだろうか。共感者たちの活動の様子も見たが、日本では実現可能とは思えない。西洋では可能な気がする。けれど、いつか病気になったら、どうするのだろう。そのセラピスト女性は子供がいるから心配ないのかもしれないけれど、共感者たちの中にはいない人もいるかもしれない。そのことのインタビューのコメントも聞きたかった。


Photo

2012年4月14日 (土)

『仕草美人になる!』 (アフロディーテの羅針盤SP・NHK BS)

 いろいろ参考になった。


Photo


2012年4月12日 (木)

『スティーブ・ジョブズ -カリスマの素顔-』 (BS世界のドキュメンタリー・NHK BS)

 2011年フランス制作のドキュメンタリー。アップルコンピューターの設立者で、成功した実業家スティーブ・ジョブズの名前だけは知っていたが、その生涯についてや周囲の人たちのコメントなど、大変、興味深かった。


Photo




2012年4月11日 (水)

『漢方の知恵で きれい&元気』 (きれいの魔法・NHK)

〈気〉の状態チェックしたら、1つあり、〈涙もろい〉が当てはまった。特に映画を観る時、主人公を可哀相と感じたり、ラストシーンで感動すると、すぐ涙があふれる。よく、トシを取ると涙腺が緩むと言われるが、テレビ出演の医師が、「加齢で涙腺は緩まない」と最新医学情報を説明していた。以前、中高年の知人男性は重病で入院中、周囲が驚くほど涙もろかった。加齢による涙もろさ、イコール、病気の予兆か症状! けれど、私は子供の頃からずっと泣き虫だから心配ないかもと思い直した。
 とは言え、チェックして1つでも当てはまると、〈気〉の不足だということだった。涙、汗、唾液、胃酸、その他体液など、体内に水分が多い体質を自覚しているが、漢方の本で身体の水分が多いのは良くないと読んだことがあるので不安な気も少し。でも、逆の体質のシェーグレン症候群よりマシかもしれないと思った。 



Photo

2012年4月10日 (火)

『フェルメール “手紙を書く女と召使”』 (額縁をくぐって物語の中へ・NHK BS)

 絵の中の絵の解説が、特に面白かった。


Photo

2012年4月 9日 (月)

『芸と素顔に密着! 片岡仁左衛門の魅力 -いまを見つめて-」 (BS朝日)

 片岡仁左衛門の若いころからの写真や舞台映像の一部を、興味深く見た。


Photo

2012年4月 8日 (日)

『NASH 非アルコール性肝炎 -忍び寄る現代病-』 (鳥越俊太郎 医療の現場!・BS朝日)

 お酒を飲まないのに肝炎になった人が、周囲に何人かいるのを思い出した。でも、太らなければ、肝臓に脂肪はつかず、NASHにならないということらしいので安心した。


Photo


2012年4月 7日 (土)

『古代ポンペイの壁画“宴会の場面”』 (額縁をくぐって物語の中へ・NHK BS)

 食事の心得が書いてあるのが面白かった。他人の妻に色目を使ってはならない、と書いてあるのが、特に面白いと思った。


Photo



2012年4月 6日 (金)

『片岡仁左衛門 愛妻との思い出旅行を映像で……』 (徹子の部屋・BS朝日)

『連獅子』で共演の、孫の千之助ちゃん(11)から、「オーパ」と呼ばれているらしい。大きいパパ、という意味だそう。片岡仁左衛門さん60代半ばで祖父という感じがしないから、「オーパ」がピッタリと思い、微笑ましかった。


Photo

2012年4月 5日 (木)

『フェルメール “音楽の稽古”』 (額縁をくぐって物語の中へ・NHK BS)

 音楽のレッスンで、楽器を見ている女性が、鏡の中では教師を見ているというのは面白い。


Photo

2012年4月 4日 (水)

『歌舞伎「菅原伝授手習鑑 寺子屋」』 (にっぽんの芸能 花鳥風月堂 第35話・NHK) 

 社会人になった学君の、甘ったれたセリフが可愛らしかった。


Photo


2012年4月 2日 (月)

『メリル・ストリープ4人の育児と女優を両立』 (徹子の部屋・BS朝日)

 4人の子供を育てたなんて驚き! メリル・ストリープの、やさしそうで、女っぽい表情。娘がいる母、という独特の雰囲気が感じられた。


Photo


2012年4月 1日 (日)

『メリル・ストリープ祝オスカー受賞の舞台裏』 (徹子の部屋・BS朝日)

 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、面白そう。


Photo


« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ